世界中の素晴らしい商品をお届け! 

Club3D Mini DisplayPort 1.4 to HDMI 2.0b HDR(ハイダイナミックレンジ)対応 4K 60Hz Active Adapter 変換アダプタ(CAC-1180)

【商品説明】

●Mini DisplayPort 1.4 to HDMI2.0b シグナルコンバーターです。ディープカラーのメディアコンテンツを再生するHDR動画品質をサポートしています。

●入力側は、Mini DisplayPort1.4 male(オスコネクタ)、出力側はHDMI 2.0b female(メスコネクタ)へ接続するアダプターです。重量は、30gです。ケーブル長は、18.4cmです。

●UHD解像度は最大で4096 x 2160p@60Hzをサポートします。HDMI出力での最大ビデオ解像度と色深度は、4K 60Hz RGB/YCbCr 4:4:4, 8bpc/4K 60Hz YCbCr 4:2:2,最大12bpc/4K 60Hz YCbCr 4:2:0, 最大16bpc/4K 30Hz RGB/YCbCr 4:4:4, 最大16bpc。オーディオストリーミングはLPCMおよび 圧縮オーディオエンコードフォーマット対応し192 Khz x 8チャンネル、または768 KHz x 2チャンネルの最大オーディオサンプルレートにも対応しています。Mega Chips のMDCP2900を使用

●対応OSは、Windows 10, 8.1,Apple OS X。ROHS(特定有害物質の使用制限)、FCCとCEマークのEMI要求(人体や他の機器への電磁妨害)に適合しています。

● 「国内正規保証」。保証期間は購入から1年となります。

-------------------------------------------------------------------

---【商品説明】---

説明
Club3D CAC-1180は、Mini DisplayPort 1.4 to HDMI2.0b シグナルコンバーターです。ディープカラーのメディアコンテンツを再生するHDR動画品質をサポートしています。

DisplayPort レシーバーは、合計4レーンの各レーン最大5.4 Gbpsです。

HDMI出力は、 HDMI規格version 2.0bに完全対応しています。

最大4K UHD 解像度のサポート

CAC-1180は、最大で4096 x 2160p@ 60HzのUHD解像度をサポートしています。

カラーフォーマット

DisplayPort?およびHDMI?リンク帯域幅内に収まる限り、16bpc(または1ピクセルあたり48ビット)の色深度を持つRGB / YCbCrビデオカラーフォーマットに対応しています。

CAC-1180は、RGBまたはYCbCr 4:4:4からYCbCr 4:2:0およびYCbCr 4:2:0パススルー機能へのピクセルエンコーディング変換もサポートしています。

さらに、4K 60Hzで12BpcまでのディープカラーのHDRは、HDMIリンクのRGB / YCbCr 4:4:4からHDMI出力のYCbCr 4:2:0への水平方向拡張とCEAタイミングへの変換によってサポートされています。


---【商品特長】---

特長

DisplayPort1.4レシーバー, 最大5.4Gbpsリンクレート, HBR2/HBR/RBR

ビデオストリーミング
-最大600Mhzデュアルピクセルパスおよび16bpc
-RGB/YCbCr 4:4:4/4:2:2/4:2:0 ピクセルフォーマット
-Vesa CVTからCEAタイミングへの水平方向の拡張(DP?1.4仕様による)

DisplayPortから HDMI ステレオコスピック(立体視映像)3D トランスポート
-トップボトム変換をスタックするためのフレームシーケンシャル
-他の3Dフォーマットへのパススルー

オーディオストリームハンドリング
-LPCMおよび 圧縮オーディオエンコードフォーマット対応
-192 Khz x 8チャンネル、または768 KHz x 2チャンネルの最大オーディオサンプルレート

HDCPサポート
-HDCP 1.3から HDCP 1.4へのリピーター機能サポート
-HDCP 2.2からHDCP 1.4 及び2.2へのリピーター機能サポート

HDMIトランスミッター
-HDMI規格バージョン2.0bに準拠
-600MHz 最大TMDS キャラクタークロック
-ハイダイナミックレンジ(HDR)はスタティックHDRとダイナミックHDRの両方をサポート
-CECサポート(トンネリング、スヌープ)

HDMI出力での最大ビデオ解像度と色深度
- 4K 60Hz RGB/YCbCr 4:4:4, 8bpc
- 4K 60Hz YCbCr 4:2:2,最大12bpc
- 4K 60Hz YCbCr 4:2:0, 最大16bpc
- 4K 30Hz RGB/YCbCr 4:4:4, 最大16Bpc


---【技術解説(用語説明)】---

HDRとは、High Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ)の略称で、従来のSDR(スタンダードダイナミックレンジ)に比べてより広い明るさの幅(ダイナミックレンジ)を表現できる表示技術です。
高ダイナミックレンジディスプレイは、以下に示す要素により現実的な画像を再現することができます。

高輝度
大きなコントラスト
より広い色範囲
リフレッシュレートの向上(フレームレート)

現在のところ、関連するHDR形式には2つあります
オープンHDR10とDolby Visionです。放送業界は3番目のHLG(Hybrid Log-Gamma)に取り組んでいます。
これら2つの主な違いは、HDR10は静的メタデータに基づいており、Dolby Visionは動的メタデータをサポートしていることです。


---【注意事項(購入前)】---

購入前の確認事項

お使いのグラフィックボードがMini DisplayPort1.4のポートがあること、最新のドライバがHDRをサポートしていることを確認してください。

お使いの HDMI ケーブルが Premium High Speed HDMIケーブルであることをご確認してください。本ケーブルは、Club3D CAC-1310 or CAC-1311などと同様に HDMI.org. の認証を受けています。

TVのHDMI入力側がHDMI 2.0 対応のTVである事を確認してください。また、スクリーンに複数のHDMI入力がある場合は、 ARC または HDR HDMI がマークされているものが対象になります。


---【注意事項(購入後)】---

購入後の確認事項

PCを接続しているHDMIポートは、場合によっては”UHD Color" 、“Advanced”” 、”Enhanced”” などをTV側の画像設定上でマニュアルで設定する必要があります。

up‐converting picture enhancements などのTV側の拡張機能はオフにしてください。それらがオンの場合、ラグが出る事がございます。 入力タイプを“PC” “やGame Mode”にする事でオンにすることができます。

2つのスクリーンを接続する場合は、アダプターに接続されている方のスクリーンは、メインではなくサブとして設定してください。

4K TVに接続する場合は、カスタム解像度が最善です。 カスタムする場合には、解像度を3840x2160 @60Hz に、そしてタイミング基準を CVT‐RB (リデュースド・ブランキング) に設定することを推奨します。

グラフィックカードに付随するDisplayPort や MST Hub が不具合を起こすことがありますが、その場合には、それらの接続を切ってください。

SLIやクロスファイヤーのコンフィグレーションが不具合を起こす場合もございます。その場合には、SLIやクロスファイヤーを無効にしてください。

色深度は4:4:4の際は、HDMI 2.0帯域幅に対して信号が大きくなりすぎるのを防ぐ為8bpcに設定してください。

MacOSX : 4K @60Hzはスタンダード設定ではありません。 OSXで4K/60Hzをお楽しみいただくには、SwitchResXのようなプログラムをインストールし、カスタム解像度を作成し60Hzに調整します。

El Capitan では、SIP "System Integrity Protection” と呼ばれるセキュリティー機能がある為、変更の際は一時的にSIPを無効 にする必要がございます。

像度が作成されアクティベートされましたらSIPは再び有効にできます。
SIPを無効にするには、リカバリーパーティションへブートする必要があります。
Macを起動する際、CMD+Rキーを押してリカバリーモードでブートします。
そして、ターミナルウィンドウを開きます。
ユーティリティ→ ターミナル以下のコマンドを打ちます:
csrutil disable to re‐enable SIP once the changes have been made; boot back into the recovery partition and set state to enabled: csrutil enable .

そして、 El Capitan へブートしSwitchResXを開きます。
左枠からTVを選択し、 "カスタム解像度”を選択します。
840 x 2160と入力し、 垂直方向 の走査レート が 60 Hzに設定されていることを確認してださい。
スケーリングも可能です。 変更を保存します。 (「適用する」を選び再起動すると、保存するかどうか聞かれます) 再起動後は、SwitchResXの現在の解像度設定上で、カスタムした解像度が追加されたことを確認できます。

HDRを体験するには, HDR コンテンツが必要になります。 HDRプレイバックに対応しているソースデバイスや HDR モニターやTVでの使用が必要です。

HDRサポートのグラフィックカードから最新のグラフィックドライバーにアップデートしていることを確認してください。 大半はDP1.4以上の サポートのビデオカードです。

Windows10 OSは適切なバージョンである必要がございます。

Windows 10 Falls Creators アップデート3 (または以降最新版 )が必要です。

HDRを有効にする場合は、 ディスプレイ設定から HDR 及びアドバンスドカラー設定で行います。

このスイッチを有効にしてすぐ、スクリーン上の全てのものが 暗く見え、通常の状態と比べて色あせて見えます。

これは、HDRモードのシステムを使用中はアプリケーションやコンテンツの大部分がSDRになっているからです。

SDRとHDRコンテンツを同時に稼働させるためには、SDRコンテンツは HDRコンテンツより暗く表示される必要があります。

HDRコンテンツの再生には特定のアプリケーションやブラウザ(Microsoft Edgeなど)が必要になります。


---【接続方法(使い方)】---

接続方法と使用方法

CAC-1180はMini DisplayPort1.4サポートするGPUを搭載したPCなどからプロジェクタ、モニタ、4Kテレビなどに接続して使用します。

PCとモニタの距離が離れて接続出来ない場合は、CLUB3D HDMI 2.0 UHD 1m プレミアムケーブル(CAC-1311)または CLUB3D HDMI 2.0 UHD 3m プレミアムケーブル(CAC-1310)を使用して接続します。

他のHDMI2.0ケーブルを使用しますと4K60Hz UHDで動作しないことがありますので、こちらのケーブルがお奨めです。


---【パッケージ説明】---

CAC-1180の商品パッケージは、環境に優しいリサイクル紙を使用しています。


---【Club3D会社概要】---

Club3Dとは

Club3Dは1997年よりオランダに本社を置くオーディオビデオ市場向けのソリューションを世界に提供している会社です。
ビデオ、ゲーム、およびビジュアル市場に関する豊富な知識を持ち、SIS,AMD,S3,nVidaといったビデオグラフィックアダプタ(GPU)製造販売向けのIT市場で広く知られています。
アダプター、ケーブル、ドッキングステーション、(MST)ハブなど、高品質の接続製品を幅広く提供しています。
Club3DはPCシステム、ノートブック、タブレットを魅力的に引き立たせるという明確なビジョンを持ち、それらデバイスの映像能力を最適化するための接続ニーズへのサポート拡充を目標に掲げています。


¥ 4,280

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

通報する

ショップの評価

RELATED ITEMSこちらもおすすめ

  • Home
  • About
  • Blog
    • ネットショップを開設するならBASE
    • shopping cart